姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 書店にて

<<   作成日時 : 2010/06/03 20:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ヒモ同然の夫から、財産分与と称してかっさらわれる収入を
得るまいと、安い時給の仕事をひたすらこなす毎日のヒロ
イン、ヘレンが活躍するミステリの第2弾です。作者は
エレイン・ヴィエッツ、タイトルは『死体にもカバーを』
です。

今回のヘレンの職場は書店です。普段ワタシもよくお世話に
なる種類のお店で親しみを感じることこの上なしなのですが、
この書店<ページ・ターナーズ>は、沈みかけた船でした。
オーナーのページ・ターナー三世は、急にこの本屋をたたむ、
と言ってすべての在庫を売りに出すように、とヘレンを始め
とした店員たちに申し渡したのです。

しかもこのオーナーが相当にイヤなヤツで、作家(志望、も
含む)の女性が出版に関して相談を持ちかけると、店の
オフィスで彼女(たち)をもてあそび、その様子をビデオに
録画する始末。
……こういったことは、あとからの調べで分かってきたの
ですが、この度し難いオーナーが、ヘレンのアパート《ザ・
コロナード》がシロアリ駆除剤を撒いているところで死体で
発見されたから大変です。
そのうえ、容疑者とされたのが、ここフロリダに来て友達に
なれた同じアパートの住人、ペギー・フリートンなのですか
ら、一肌脱がないわけにはいきません。
《ザ・コロナード》の大家のマージョリーや、親友サラの
助けも借りながら、なんとか真相にせまっていくヘレンの働き
を、楽しみながら読めるお話です。

謎解きだけでなく、アパートの住人とのやりとりや、預かって
いるペギーのペットの鳥をめぐっての攻防戦や、ヘレンの彼氏
の獣医、リック・ペットンとの恋の顛末も(特にこの時代錯誤
的男尊女卑野郎にオサラバするところなんかもう最高)、時間
が経つのを忘れそうな感じで、すかっとしたいときにぴったり
な一冊です。


死体にもカバーを (創元推理文庫)
東京創元社
エレイン ヴィエッツ

ユーザレビュー:
シリーズ1作目よりず ...
前作と同様に展開が遅 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



↓本屋での「ストリップ」とは
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
書店にて 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる