姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 狐耳

<<   作成日時 : 2011/05/19 21:19   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

とある男の子と青年陰陽師のお話をご紹介したいと思います。
作者は天野頌子(あまのしょうこ)、タイトルは『よろず占
い処 陰陽屋へようこそ』です。ちょっとハラハラしつつも、
最終的にはほっとした気分で本を閉じられる、そんな感じの
一冊です。

主人公は沢崎瞬太……どうやら王子稲荷の特別な加護(?)
のある子だったのか、もしかしたら狐と人との間にできた子
だったのか、とにかく彼には両親の顔は知らぬまま、今の父
母のもとで幸せに育ってきました。そんなある日、(育ての)
母みどりに連れられてとあるビルの半地下の店に行くことに
なります……なんとも怪しげなその陰陽屋には、狩衣の美青
年が一人、しかも名前が安倍祥明(あべのしょうめい、と読
ませたいようです(笑))という店主が陣取っていました。

瞬太の家庭の問題についてある一定の解決法を提示したあと、
祥明との駆け引きにより(すなわち、家計を助けたいのと、
興奮すると出てきてしまう狐の形態、つまり耳とか尻尾とか
狐火とかをばらされたくないため)、彼はここでアルバイト
をすることとなったのです。

二人のもとに持ち込まれる大小さまざまな事件(DV、遺産
相続、失踪人調査など)とともに、瞬太のクラスの頭のキレ
そうな委員長や、店主の幼なじみも出没して、なかなかにぎ
やかで目が離せません。
四つの短編のそれぞれに、多少謎解きの要素もありながらも、
単に真実だけが「正しい」解決法ではない、ということを示
してくれるコンビの活躍を楽しむことができました。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by よろず占い処 陰陽屋へようこそ (ポプラ文庫ピュアフル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓萠え〜の世界♡?!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
狐耳 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる