姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 法律相談

<<   作成日時 : 2011/12/22 20:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「法律事務所」、「ザ・ファーム」などの著書がある(ワタ
シは未読なのですが)ジョン・グリシャムによる『なぞの目
撃者 少年弁護士セオの事件簿1』を読みましたので、ご紹
介したいと思います。
これは児童向けに書かれたもの、とのことでしたが、アメリ
カの法律などにはど素人なワタシにとっては分かりやすい説
明書でもあり、かつまたどきどきする物語でもありました。

主人公セオ・ブーンは八年生、つまり日本で言うところの中
学二年生ですが、クラスでは法律に関する相談役として、み
んなに頼りにされている存在です。両親ともに弁護士(専門
は違いますが)で、彼自身も将来そうなりたいと思っていま
す。
特に目指しているのが法廷弁護士だとか……訴訟社会のヒー
ロー、などと茶化してしまうのは気恥ずかしいくらい、セオ
が真面目に考え、物事に取り組んでいるところなどは、好感
が持てます。

彼が暮らす小さな町では珍しい殺人事件の裁判に、傍聴人と
してクラスの皆と社会科見学にいくのですが、セオは学校の
授業よりもそちらが気になって仕方がありません。サボって
裁判を見に行けないかと画策するも失敗し(苦笑)、両親と
ボランティアの活動に出かけるのですが、そこで思いもよら
ぬ情報を聞かされるのです。すなわち、妻を殺したとして裁
判にかけられている被告の、状況証拠しか無かった現状を覆
すような目撃証言が取れそうだ、ということでした……ただ
それが、本来アメリカにいては行けないはずの人間からとい
うのがネックだったのです。

頼もしく育ちそうなセオですが、やたら女の子(年上含む)
に惚れっぽいように見えるのは気のせいでしょうか(笑)。
やっぱり向こうの少年というのはマセているのか、はたまた
単にワタシが日本の中学生の現状を知らないだけなのでしょ
うか……?


なぞの目撃者 (少年弁護士セオの事件簿)
岩崎書店
ジョン・グリシャム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by なぞの目撃者 (少年弁護士セオの事件簿) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓法の網の裏も表も
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
法律相談 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる