姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 翻訳関連書:1

<<   作成日時 : 2013/01/26 22:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

新たな考え方を与えてくれる一冊だと思いました。『BASIC
800で書ける! 理系英文』をご紹介したいと思います。著
者は佐藤洋一、新書サイズで、しかも中身はオールカラーと
いうとても取っ付き安い本です。気楽に読めて、仕事上英語
に携わる人などの役に立つことでしょう。

この本では、マニュアル等の制作、それも日本語から英語へ
の転換が必要とされる仕事をしている人に向けて、様々なア
ドバイスを提供してくれています。まずはタイトルのBASIC
ですが、これは「基本的な」という意味だけということでは
なく、そもそも「British American Science International
Commercial」の頭文字を取ったものなのです。英語を母国
語としないもの同士で、伝えたいこと/伝えるべきこと表現
するための制限された単語数で表現する際に使う800ワー
ドのことを示しています。
ただ筆者がいうには、自分が現在覚えている単語プラスその
基本800ワードで、とのことですから、簡単そうに見える
かもしれません……が、ワタシは疑問に思ってしまいました。
だって、元々多くの英単語を知っている人が、それにプラス
800ワードで業務を行うのと、少ない語彙しか知らない人
が、その少ない単語数に同じ800ワードを足したところで
勝負にならないんでは?!と(苦笑)。

また、よく使われる表現をWebや辞書から引っ張りだし、英
作文(英借文)すればOKとのことですが、ヒット数だけなど
で、その英文を使っていいものかどうかの判断が出来る能力
を、持っている人と持っていない人との差が生まれないのだ
ろうか……?と。

とはいえ、和訳のテクニックとして挙げられている手法は、
こうして改めて整理されているのを見ると、とても理解しや
すいですし、仕事上で訳文作成にいき詰った時でも、読み返
してはっと思い出し、光明が見える手助けになると思われま
す。
翻訳者としての心構えや、基本となる構文についても知るこ
とが出来て、とても勉強になりました。





↓和文和訳
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
翻訳関連書:1 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる