姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 三者三様

<<   作成日時 : 2013/08/11 11:29   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

学校というのは学びの場であるはずですが、何故かそこで勉
強したはずのこととは違ったことの方が印象に残り、後にな
って「あぁ、もっとちゃんと学んでおけば」と悔やむ思いを
起こさせる場所である……などと思ってしまうのはワタシだ
けかもしれません(苦笑)。
が、部活動の方に鋭意エネルギーをつぎ込み、そこでの生活
を謳歌している高校生達もやはりいて、彼らが主人公となっ
ているのが『学ばない探偵たちの学園』、作者は東川篤哉で
す。

高校二年生の赤坂通(とおる)は、鯉ケ窪学園に編入してき
てしばらくした後、部活動に入るべくあちこちを見て回って
いました。門を叩いてみた「文芸部」は実は文芸部にあらず、
その部室を無断借用していた(笑)「探偵小説研究部(略し
て「探偵部」」)に入部することになってしまったのです。
探偵部は、部長の多摩川流司と部員の八橋京介のたった二人
の弱小部で、部室を持たない、もとい、持てない部なのです
が、本格推理小説への飽くなき探究心および悪戯心について
は、非常に大きなものがあると思われます(笑)。

この3人が探偵小説についてだべって(苦笑)いたとき、と
ある先生の悲鳴が聞こえ、あわてて駆けつけてみると保健室
のベッドには見知らぬ男の血まみれの死体が載っていました。
どうやら状況は密室に近いようなのですが、まだまだ予断は
許しません。
ところが、この殺人事件の捜査中にもう一人妙な死に方をし
てしまった学校関係者(読んでみてのお楽しみ)が出てしま
ったものですから、いよいよ探偵部の3人が、顧問の先生の
知恵も借りつつ……といいますか、この飄々とした生物の先
生に導かれながら事件を明るく楽しく解決していくお話です。

まるで関係ないのですが、この本のおかげで「忍術学園 全
員出動!の段」のアニメ映画で、平滝夜叉丸と神崎左門の紹
介文として流れていたテロップというかの文の元ネタが分か
ったような気がします(笑)。脳の中でカチッ、とピースが
ハマるような感覚、というのは本当に気持ちのいいものです。


学ばない探偵たちの学園 (光文社文庫)
光文社
東川 篤哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 学ばない探偵たちの学園 (光文社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓一人称/三人称視点
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三者三様 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる