姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 商店街

<<   作成日時 : 2014/11/17 21:11   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

図書館から借りてきました、初めて読む作家さんです。小路
幸也の『花咲小路一丁目の刑事』をご紹介したいと思います。
謎解きのようなそうでないような、不思議な結末の話もあり
ましたが、なんとなしに心が温まる、そんな印象の短編集で
した。

花咲小路商店街の一角に位置する和食処《あかさか》の前で
は、若い女性が座ってギターを弾いていました。この店の孫
息子で、このたび刑事を拝命した「淳ちゃん」こと赤坂淳は、
つい警察官のクセで彼女を観察してしまったことにちょっと
反省しながら、祖父母との暮らしを再開させたところから物
語は始まります。
捜査で忙しい淳ちゃんとはいえ非番の日というのもあるので
すが、そんな日に限って、おばあさんがご近所の困りごとを
何とかできないかしら、と頼んでくるのです(苦笑)。おば
あさんの頼みを断るのはなぜか昔っから苦手だった淳ちゃん
が、なんとか解決しようと商店街を右往左往する姿がなんと
も微笑ましい。
誰かから噂話を聞いたり、職場の先輩に力を借りたりしなが
ら、少しずつ不思議な現象の真の姿に、淳ちゃんの目を通し
てこちらも一緒に近づいていけるのがわくわくします。

一話ごとに徐々にギターを弾いていたミケさんの正体(?!)
に迫っていくのもまた楽しみです。二人がだんだんと距離を
縮めていく様子も、何だか温かい気持ちになれます。
淳ちゃんの目から見た花咲小路商店街の店主の面々も魅力的
なキャラクターが多くて、ワタシもこんなところで買い物し
てみたい……と、思わなくもありません。まぁ、若干、その
密度の濃さがプライバシーの侵害かな、とちょっと敬遠した
くもなる気持ち分からなくもないですが(苦笑)。
でも、自分自身に合わせたスーツをテイラーに作ってもらう、
というのにはとても憧れます。確かに値は張るでしょうけれ
ど、だからこそ大事に手入れしながら着て、一生物になると
思えるからです。


花咲小路一丁目の刑事 (一般書)
ポプラ社
小路幸也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 花咲小路一丁目の刑事 (一般書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓ 三毛猫
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
商店街 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる