姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 兼業家主

<<   作成日時 : 2015/01/05 21:30   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015年初のブログとしましては、昨年末の休みに読んで思い
きり笑った推理短編集をご紹介したいと思います。作者は東川
篤哉、タイトルは『私の嫌いな探偵』です。舞台は関東のどこ
かにあるらしい烏賊川市、胡散臭いことこの上ない設定(笑)
と、ユーモア溢れる文章に吹き出してしまうこと請け合いの
お話ですので、公共交通機関で読むのはやや苦行かもしれませ
ん。

烏賊川市の一画にある「黎明ビル」のうら若きオーナー、朱美
さんは、今日も今日とて間借り人の鵜飼探偵の家賃滞納を阻止
するため、探偵事務所にやって来る依頼を引き受けさせようと
懸命になっています……が、事件の性質によっては勤労意欲が
著しく低下するこの探偵と、彼の役に立つのか立たないのか今
ひとつ判断に苦しむ助手の戸川くんの尻を叩くのはちょっとば
かり大変そうで、お気の毒です(苦笑)。

映画か何かからのパロディかな、と想像するタイトル群にもニ
ヤリとしつつ読みました。
「死に至る全力疾走の謎」「探偵が撮ってしまった画」「烏賊
神家の一族の殺人」「死者は溜め息を漏らさない」「二◯四号
室は燃えているか?」の計五つのお話の中でも特にワタシの好
きなのは「死者は溜め息を漏らさない」です。死体発見の場所
などから、目撃者の少年が勘違いしたのはアレだろうと、今ま
で散々推理小説を読んでいながらもめったに犯人を当てられな
いワタシですら分かってしまったのですが、それでもなお、探
偵と少年のやりとりなどが面白くて、とても印象に残っている
からなのです。

この烏賊川市シリーズで読んだのは長編が多かったのですが、
短編集でも面白さは変わらず、嬉しい限りです。税金の金高分
奪還キャンペーン(笑)の中でも、とくにお得感が満載の一冊
となりました。


私の嫌いな探偵
光文社
東川 篤哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 私の嫌いな探偵 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓ 本年もよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
兼業家主 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる