姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 仲介業者

<<   作成日時 : 2016/01/30 21:13   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに、しかもとても素敵な時代劇漫画を読みましたの
で、ご紹介したいと思います。初めての漫画家さんなのです
が、岡田屋鉄蔵、タイトルが『口入屋兇次』第一巻です。
本当に、この作品に出会えた偶然に感謝したいと思います。
たま〜に現代語っぽい言葉が見受けられますが、それはまぁ、
ご愛敬ということで。とにかく絵が美麗で、登場人物の躰の
肉の厚みにうっとりしました。

お絹という名の武家の妻女が夜鷹のなりで客を取ろうとして
いたところから話は始まります。素人同然の彼女は周囲の暗
黙の了解を読み切れず、他の夜鷹たちに暴力を振るわれたの
ですが、そこに女の目利きなら間違いなしの三筋が通りかか
りました。
彼の元締めが口入屋兇次……現代で言うところの派遣業者、
でしょうか(笑)。三筋の手引きで兇次の元で働くことに
なったお絹は、とある女郎屋の経営再建を任され、彼女の目
当ての十五両を稼ぐべく、手立てを着々と実施していくので
す。
二葉姐さん(またこの姐さんの強くてカッコいいことといっ
たらもう!)が言うところの「商売人の顔になっ」てからの
お絹の働きは見ているこちらも小気味いいほどで、わくわく
します。
時代物らしい、因果応報の世界が素敵な絵で目の前に広がっ
ているのは、疲れた頭と心には何とも有り難いというか、安
心感で満たされるような気がします。

ストーリーが面白いのも勿論なのですが、この作品のワタシ
のお気に入りといえばやはり二葉姐さんです。髪型が洗い髪
のままのせいか、堅気の女には見えないのですが(苦笑)、
厚めの唇に鋭い眼差しのカッコいい表情が何とも云えずツボ
なのです。
どんな生い立ちで、どんな経緯があって兇次の元で働くこと
になったのか、そのストーリーがあるとしたら是非読んでみ
たい。
早く二巻が出てくれないかな〜、と首を長くして待っており
ます。



口入屋兇次 1 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2015-01-19
岡田屋 鉄蔵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 口入屋兇次 1 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓手掛かりだ。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仲介業者 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる