姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 竜と娘

<<   作成日時 : 2017/10/27 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

秋の夜長、骨太の、ボリュームのある小説をお勧めしたいと
思います。ナオミ・ノヴィクの『ドラゴンの塔』上・下巻
です。ジャンルとしては剣や魔法がふんだんに出てくるファ
ンタジーですが、登場人物の心の機微や、話の内容を考える
と、ちょっと大人の読者向きかと思われます。

ポールニャ国の田舎の谷を治める領主は「ドラゴン」と呼ば
れる魔法使いで、彼は十年に一度、谷の村々から娘を一人
召し上げて自分の塔に連れてきて住まわせるのです。
何のため、という目的も明確にされないままなものですから、
村人達はその十年目に不安におののきながら領主の選抜の日
を待っていました。ちょうど今年がその年で、人々は美人で
気立ても良い、そして彼女自身もそう覚悟していたカシアと
いう娘が選ばれるものと思っていたのですが、実際はカシア
の幼馴染みで粗忽で痩せた、のっぽのアグニシュカが選ばれ
たのでした。

さんざん抵抗するアグニシュカでしたが、読んでいる私と
しては、この頃の彼との生活や、細やかに書き込まれた
あざやかな魔法の描写の方がよほど楽しい(笑)。娘を谷
から召し上げる「ドラゴン」の本来の目的のため(読んでの
お楽しみですが)に勃発する戦いは、人間同士でのそれは
かなり血なまぐさく、ファンタジックな要素での戦いは、
私には若干難解な気がしたものですから……。

激しい戦いの末、多くの流血と理不尽な犠牲者を出しながら
も、どうやら王国は平穏を取り戻せますので安心して読む
ことはできますが、まぁ、欲を言えば「めでたしめでたし」
の後ができれば読みたかったです。谷の暮らしに根を下ろ
そうとしている(らしい)「ドラゴン」と、心のままに
自然な魔法を使って人々を癒そうとしているアグニシュカの
その後を、知ることができれば楽しいだろうな、と思わず
にんまりしてしまいました。


ドラゴンの塔 上巻 魔女の娘
静山社
2016-12-07
ナオミ・ノヴィク

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラゴンの塔 上巻 魔女の娘 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ドラゴンの塔 下巻 森の秘密
静山社
2016-12-07
ナオミ・ノヴィク

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラゴンの塔 下巻 森の秘密 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓朗読は魔法。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
竜と娘 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる