アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本屋」のブログ記事

みんなの「本屋」ブログ

タイトル 日 時
本屋さん
本屋さん 書店を舞台にしたお話が最近増えてきたように思います。こ れもそのうちの一つだと思うのですが、似鳥鶏の『レジまで の推理 本屋さんの名探偵』をご紹介します。税金奪還の錦 の御旗のもと、本はほとんど図書館で借りて読むことにして いる今日この頃ですが、この本ばかりは、そうしたことが若 干後ろめたい気分になりました(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/29 21:14
幸運な娘
幸運な娘 先月引き落とされた市町村民税の金額に、愕然とし、ウンザ リし、驚き呆れるのを通り越すと怒りすら覚えて、なんとか モトが取れないかと無い知恵を絞りました(苦笑)。だって、 人が汗水垂らして働いたお金を、ろくでもないナマポに使わ れたらシャクじゃないですか……というわけで、ワタシが出 来そうな手段といえば、公共の図書館の活用しか思い浮かば ず、徴収された税金分と合計価格がせめて同額になるまで図 書館から本を借りて読もう、と決意した次第であります(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/27 21:37
書名に謎
書名に謎 ミステリ好きのお客が集まる古本屋(しかも、扱う本はミス テリばかり)を舞台にしたお話です。作者は乾くるみ、タイ トルは『蒼林堂古書店へようこそ』です。ヒトの好みですか らそれぞれでしょうけれど、ハッキリいって、ワタシは「ビ ブリア古書堂」よりこちらの古本屋の方が敷居が低いという か、もし売りに行けるなら、あるいは買いに寄れるなら、こ っちに行きたいと思います(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/21 21:35
善意の第三者
善意の第三者 古本屋を舞台としたミステリの第2巻がでたというので読ん でみました。タイトルは『ビブリア古書堂の事件手帖<2>  〜栞子さんと謎めく日常〜』、作者は三上延です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/01 21:02
営業の視点
営業の視点 いつもはその努力の産物である本が並べられている本屋さん に注意が向いてしまうのですが、この本で、実際に本が生ま れてワタシ達の手元に来るまでの流れを(多少なりとも)知 ることができたと思いました。作者は大崎梢、タイトルは 『平台がおまちかね』です。殺人事件とは無縁の、ほのぼの とした推理小説なのですが、謎解きと合わせて書店の裏側の 一端が覗けて楽しいお話でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/24 21:29
アンカット
アンカット 北鎌倉にあるという、とある古書店を舞台にしたお話です。 ちょっと風情のある街の古本屋を営む美女ときたものですか ら、ついつい手にとってしまいました。作者は三上延、タイ トルは『ビブリア古書堂の事件手帖 〜栞子さんと奇妙な客 人たち〜』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/29 21:06
書店の要石
書店の要石 とある駅ビルに入っている書店にて繰り広げられる、本屋 さんならではの謎を解く名探偵コンビの活躍を描いたシリー ズ、「成風堂書店事件メモ」の第3弾『サイン会はいかが?』 をご紹介したいと思います。著者は大崎 梢です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/05 22:09
初出張?!
初出張?! 「成風堂書店」シリーズ初の長編を読みましたので、ご紹介 したいと思います。(ワトソン役ですが)しっかり者の杏子 さんと、(ホームズ役ですが)やらた不器用な多絵ちゃんの コンビネーションが冴えるお話です。作者は大崎 梢、 タイトルは『晩夏に捧ぐ』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/17 20:24
書店にて
書店にて ヒモ同然の夫から、財産分与と称してかっさらわれる収入を 得るまいと、安い時給の仕事をひたすらこなす毎日のヒロ イン、ヘレンが活躍するミステリの第2弾です。作者は エレイン・ヴィエッツ、タイトルは『死体にもカバーを』 です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/03 20:51
赤ずきん
赤ずきん 以前、「しかしてその実態は」というタイトルで紹介しまし た、原作大崎 梢、『配達赤ずきん』が漫画になっているの を見つけました。タイトルは同じですが、作画が久世番子と なっております。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/28 19:24
出られない森
出られない森 B●●K●FFで偶然手に入れたのですが、掘り出し物でした。 やはり本好きには、自分の行きつけの場所の舞台裏がどう なっているのか、気になりますものね?! 作者は磯谷友紀、 タイトルは『本屋の森のあかり』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/30 20:44
しかしてその実態は
しかしてその実態は 本屋つながり、ということで、もう一つ紹介したいと思い ます。タイトルは『配達赤ずきん 成風堂書店事件メモ』、 作者は大崎 梢です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/04/22 22:45

トップへ | みんなの「本屋」ブログ

姐さんの本棚 本屋のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる