アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
姐さんの本棚
ブログ紹介
お気に入りの本や、小むらさきのなんということもない
日常などを、つらつらとご紹介。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
観察対象
観察対象 何かと後期高齢者についてのニュースが目に付くようになった 昨今、老人になるとはどういうことかが的確、そしてやや俯瞰 した状態で描かれていると思いました。著者はドイツ文学 研究者の池内紀(おさむ)です。 まず改めてなるほどと思ったことは、老人についてのほとんど の刊行物などが彼らより若い世代によって作られている、と いう点に言及していたことです。取材してくるのも、文章を 編集するのも、そして編集長などはせいぜい50代。高齢者 と呼ばれる人たちよりも、おそらく20年ぐらいは若い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/05 22:17
Intestinal flora
Intestinal flora This is one of the spin-off manga: “Hataraku saibou (Cells at work!)”, presented by Haruyuki, YOSHIDA. The original “Cells at work!” is, needless to say, very interesting, and this spin-off is also informative. In this manga, the bacteria i... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/14 21:50
Bookstore for book lovers
Bookstore for book lovers I borrowed this picture book written by Shinsuke, YOSHITAKE from the city library, and now I want to purchase a copy for myself. The book can make you smile and feel a little bit better when you are in a low mood. The more you like books, th... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/04 21:55
Crochet in Japanese style
Crochet in Japanese style This is a how-to of crochet, which shows a various kind of Japanese patterns used in a bag, cushion, etc. Recently, I started to learn knitting, and found it interesting to read the books and magazines on knitting, too. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/28 22:13
苛め各種
苛め各種 ドラマの原作だったかな、と思いながら借りてみました。井上 由美子の『ハラスメントゲーム』をご紹介したいと思います。 コンプライアンスの観点からみた会社生活における悲喜こも ごもを垣間見るのに丁度いい一冊をサクッと読了です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/03 22:09
裏側から
裏側から 何となく背中にヒンヤリとした恐怖も感じながらも、結城中佐 率いる有能なスパイたちのスリリングな活躍にも楽しみを 覚えて読み終えました。柳広司の『パラダイス・ロスト』を ご紹介したいと思います。この本の各話のスピード感あふれる 展開はやはり短編ならではだなぁ、と思い、かつその方が ワタシの蚤の心臓にはありがたいです(苦笑)。 余り長々と続いて戦争の詳しい状況にまで踏み込まれると、 流石に史実の結末が分かっているだけに、小説の楽しみでは 無くなってしまいますから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/03 22:24
Sweet landload
Sweet landload I heard that this manga was selected for an award, that I took it for granted by reading the work. “The landlord and me”, if literally translated, is such a heart-warming story and can be recommended without hesitation. The author is YABE... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/15 21:59
Strategy of Pillow book
Strategy of Pillow book It is said that history is written by the winner. In ancient times, I think book burnings must have been conducted by them. However, the Pillow book, which written by an author who was on the loser’s side, has survived all through the last 10... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/17 21:12
偽装努力
偽装努力 久しぶりに思わず定価のまま買ってしまった文庫となりま した。ジャナ・デリオンの『ミスコン女王が殺された』をご紹介 したいと思います。「ワニ町」シリーズの第2作目なのですが、 物語の中の時系列では前作から数日しか経っていないの ですから、まだまだ先が楽しみというものです。 CIAの身内からも、そして仕事先の中東の危ない連中からも 身を守るため、ルイジアナ州のシンフルという田舎町にやって きた工作員フォーチュンは、成りすました人物のサンディー・ スーなる娘がミスコン経験者とのことで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/11 22:14
掃除技術
掃除技術 実際に自分がこの本の中のような家事代行サービスを依頼 できる余裕があるとは思えないのですが、とりあえず気分 だけでも味わってみたいと思いまして、借りて読んでみまし た。タスカジ監修の『タスカジさんが教える 最強の「家事 ワザ」』をご紹介したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/30 22:02
Advanced girls
Advanced girls I will try to write my blog articles in English, so as to accustom myself to using the language… once or twice per month, though. As you may know, it is hard and takes a long time for one (especially a beginner) to think and write in a foreign... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/24 23:01
見守る人
見守る人 若干判で押されたような展開という印象は否めないとしても、 その安定感がなんとも心地よく温かくて、読み終えた後には 荒んだ心を慰めたうえで、もう一度人間と関わり合いを持つ ための気力をくれる一冊だと思いました。小路幸也の『駐在 日記』をご紹介したいと思います。 神奈川県の山奥に赴任してきた駐在さんと、彼の奥さんが 手掛けた事件の短編集です。語り手は大事な利き手が使え なくなってしまった元外科医の妻、花さんです。彼女の目 から見た夫の赴任先の雉ノ宮で起きた事件、そこの人々、 そして... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/16 14:16
3月8日
3月8日 大人が読んでも勉強になる児童書だと思われました。サッサ・ ブーレグレーンの『北欧に学ぶ 小さなフェミニストの本』 をご紹介したいと思います。男女平等が最も進んだ国、と いわれるスウェーデンの作家による一冊で、フェミニズムの 考え方をエッバという10歳の女の子を主人公にして、彼女 の目を通して世界を知ることができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/09 21:31
同じ現象
同じ現象 最近気がつくと手に取っている作者、群ようこの『ほどほど 快適生活百科』を読み終えましたので、ご紹介したいと思い ます。人間が暮らしていく上で欠かせない「衣」「食」「住」 を初めとして「仕事」「趣味」「人間関係」「健康」等々に ついて作者の今の様子をちょっと覗かせてもらって、いい 刺激を受けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/19 22:39
罪深き女
罪深き女 お初の作家ジャナ・デリオンの『ワニの町へ来たスパイ』を 読みましたので、ご紹介したいと思います。表紙の絵には 実を言うとあまりそそられなかったので、中身を読む気が低 かったのですが、読み始めたらまぁ面白かったこと!この本 は扉絵で損をしている、と何とも惜しい気がしてなりません でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/11 22:28
14年ぶり
14年ぶり これだけ間が空いても不思議と作者の名前を忘れていなかっ たことこそが、面白さの証左だと思われます。原ォ(あぁ、 良かった変換できて(苦笑))の『それまでの明日』を読み ましたので、ご紹介したいと思います。時代に逆行するのが ハードボイルドのハードボイルドたる所以ですが、沢崎は 未だに携帯を持っていないのが、彼の頑固さに感心するのを 通り越して心配になってしまうほどです。 とはいえ、浜の真砂とまではいかない依頼人であっても、彼 の事務所のドアまで尽きずに流れ着くのですから、またしば... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/02 21:00
小粒でも
小粒でも すき間時間に少しずつ読んでも、一気読みしても楽しめる短 編集『怪盗ニック全仕事』の第5巻をご紹介したいと思います。 作者は、エドワード・D・ホックです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/06/17 17:03
心の洗濯
心の洗濯 みたび味わえたカフェ「マカン・マラン」のお話に心洗われ たような気がしました。古内一絵の『きまぐれな夜食カフェ』 をご紹介したいと思います。前の巻から大分間が空いてしま いまして、登場人物についての情報がうろ覚えになのが我な がらひたすら残念(苦笑)。ですので、好きな時に読み返せ るように、図書館から借りるのではなく、手元に置きたいと いう欲が出てきちゃいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/15 17:31
酒と甘味
酒と甘味 予約したのがようやく廻ってきた『居酒屋ぼったくり』第9 巻をご紹介したいと思います。作者は秋川滝美です。いつの まにやら9巻まで進んでくると、登場人物の人生の段階も 色々と変わってきております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 21:30
100 tips
100 tips その厚みの割にはサクサク読み終わった一冊でした。松浦 弥太郎『しごとのきほん くらしのきほん100』をご紹介 したいと思います。「しごと」と「くらし」に関するアドバ イスの言葉がそれぞれ100項目もあって、各個人の状況に 何かしらきっと当てはまるでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/22 21:29

続きを見る

トップへ

月別リンク

姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる